FC2ブログ
line-s
10.08
本日OFFです。

昨日、某番組で、消費税が8%→10%になる時の国民にかかる税率のUPの話を聞いて、年金を受給年齢まであと20年はあるが、20年後に年金がもらえる保障もなく、貯蓄を考えるも、利子がつくどころか「貯蓄税」なるもので税金がとられ、あげく死んだときにも「死亡税?」なる税金までとられるとは、なんてなさけない世の中になっていくんだろう???
収入のない老人の「年金受給が減る?」ありえない話。
安い給料から義務的に引かれてきた年金。将来もらえるからこそ払ってきているのに「もらいすぎ?」とはどうよ?
「もらえるところには税金あり!」の世の中に変わっていくんだ…と悲しくなりました。

貯金をして「貯蓄税」なんぞとられたら、誰が銀行を利用するんですか?
死んだときに「死亡税」なんぞとられたら、自宅で亡くなったら「自分でどうにかする人きっと出てきます」

先日、母から連絡あって「おとうちゃん、とうとう寝たきり路線やわ」…って。
だからって、介護保険だって要介護3からしか「特別養護老人ホーム対象者にならない!」

4年前から体調不良を訴え1年1回手術して、とうとう歩けなくなって。。。老々介護。
近くて遠い実家。

夫が私の両親ともう少し仲よかったら、それこそ、一緒に住むの「あり」だろ?って思うことは何度もあったけど、ありえない話。私の両親が夫を嫌っているから一生涯わかりあえることなし。

あと5年、あと5年は共働きしたい。
(本音は働ける間は仕事したいけど…)

最近は自分の老後を思うことがある。他人事じゃない。

何かにつけて税金がとられる時代。小銭稼いで箪笥預金しかない?って本気で思ってしまった。
昨日みた番組のパーソナリティの人がいっていたが「お金の価値を下げる前に消費税が上がってしまったことが残念だ」と。
確かに、あの番組を見ていた人は「預金=箪笥」を想像していたと思う。
お金の価値が変わってしまったら、ただの紙切れになってしまう。タンス預金はどどっと使われ流通が生まれる…そこを狙っている人もいたんだなぁと。

どちらにしても、私たちは言われるがままいかによい老後を迎えるか?自分たち次第なのかもしれないと思ったら生きていくのもしんどい時代なんだと。





スポンサーサイト




トラックバックURL
http://realstyle2525.blog.fc2.com/tb.php/63-bfd7c3fd
トラックバック
コメント
実に暮らしにくい世の中になりました。
私も今すでに、老後の事・子供の将来の学費 毎日考えているのはお金のことばっかりです。
嫌になりますねぇ
そこに付け加えて「超」がつくほどの神経質な嫁さんからの口撃、とくれば心休まるヒマもありません。
生き抜く事が大変な国になってしまいました!
パパ店長 | 2013.10.08 13:27 | 編集
子どもの将来にかかるお金が人生の中で一番使うお金だと思います。
我が家は2人とも塾こそ行かせていませんが子どもの性格でかかるお金も変わりますね~
パパ店長さんへ | 2013.10.08 22:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
back-to-top